【祝・掲載】「セブ島の有名な情報誌」にアクトハウス参加者が4人も!取材を受けた理由とは!?

 

はい、こちら、セブ島IT留学アクトハウススタッフのKURIです。

今回は、フィリピン・セブ島の有名な情報誌「Sakura」にアクトハウス参加者の方が電撃掲載。

 

留学学校の生徒さんが雑誌に載せられるってなんだか、ただ事じゃない予感。。

なかなかあることじゃないかも。

 

しかも1人だけでなく、なんと「4人」も掲載していただくことができましたので、早速ご紹介してきます👍

 

フィリピン・セブ島の有名情報誌に祝・掲載!

⬆︎掲載されたセブ島情報誌「Sakura」Vol.18

掲載された参加者の方は、旅するプログラマーや理科大卒の元パティシエ、海外路上販売の経験者など、どなたもユニークで個性あふれる参加者さんたち。アクトハウス留学中に、その個性とたゆまぬ努力で、数々の実績と結果を残していきました。

 

取り上げあられたアクトハウス参加者紹介

取材を受けた参加者の方について、それぞれご紹介していきます。

 

【近藤さん(18年4月入学)】

フェアトレード、貧困問題などに関心を持ち「なんとかして解決したい」とアクトハウスへの参加を決意。留学中は、現地素材を使った「アクセサリーブランド」を立ち上げ、SNSなどを通じて集客・販売を行った。自身のブランドをもっと世界に広めるべく、現在イギリスにて活躍中。

 

【東田さん(18年7月入学)】

理科大卒、元パティシエという異色の経歴を持つ。アクトハウスへはもともと1ヶ月コースだったが、「学ぶこと、やりたいこと」が多くなり急遽3ヶ月コースへ延長。プログラミングやデザインの勉強に加えて、LINEスタンプの制作や海外イベント参画など、縦横無尽にアクトハウス留学を攻略しきった。

 

【平安さん(18年4月入学)】

留学中はプログラミングに集中して取り組みつつも、英語学校の先生との交流や、その他、多くの国際交流へ積極的に参加。「旅するプログラマー<旅グラマー>」として、世界を旅しながらプログラミングを使って仕事をするのが目標。留学後も自分の目標に向かって勉強継続中。

 

【山下さん(18年4月入学)】

社会人からの一念発起。プログラミングもデザインも初心者だったが、持ち前の直向きさと真面目さで継続的に努力を続け、留学中から数多くの実案件を獲得。海外での路上販売や自身のオウンドメディアの完全リニューアルなども行った。卒業前にIT企業からの内定も勝ち取った実力者の方。

 

👇雑誌に掲載された参加者以外にもたくさん。アクトハウス卒業生の豊富な実績👇

 

💡【LET’S考察】「アクトハウスの参加者さん」が掲載された理由

セブ島にいる日本人留学生が多い中で、アクトハウス参加者さんが選ばれたのはズバリ海外で様々な挑戦に挑んでいるからだと、取材された参加者のこれまでを見ていてKURIは思います。

そもそも普通に英語を勉強しにきただけ、バカンスを楽しみにきただけなら取材されることはまずない。取材されるということは、それほどユニークなことや面白いことをやっている証拠です。

周りの人を巻き込んで、様々なことに挑戦し、やってのける。

海外路上販売やアクセサリーブランド立ち上げなど、彼らのそれぞれの挑戦の成果が、今回、雑誌で取り上げられる経緯となったのではないかと思います

 

「海外留学への挑戦」をやってのけよう。

👇アクトハウスの様子はInstagramでも公開中👇

いががでしたか?

スキルアップしたい」「なにか自分の得意領域や好きな分野を見つけたい」と真剣に考え、海外留学にきた参加者が多いのがアクトハウス留学。真剣に勉強し努力し結果を出したからこそ、今回、セブ島の有名情報誌へと掲載される結果になりました。

彼らのこれからのご活躍に乞うご期待✨

以上
現場のKURIがお伝えしました。

 

✅「勉強する留学・実績ある留学」を探しているなら…

IT留学「アクトハウス」セブ島

プログラミング/英語/デザイン/ビジネスを学ぶ留学。起業・フリーランス・キャリアチェンジ・海外国内就職に。…

 
✅「起業・フリーランス・就職転職」した卒業生特集へ

IT留学「アクトハウス」セブ島

ここまでバラエティに富んでいるアクトハウスの卒業後。このページでは卒業後のインタビューはもちろん、留学時の活動やスタート…

 

↓↓↓アクトハウスってどんなとこ?↓↓↓

↓↓↓LINEで質問してみる↓↓↓