IT留学アクトハウスの1日のスケジュールは??起業家やフリーランスを続々生み出すカラクリを特別公開!

 

 

はい、こちら、セブ島IT留学アクトハウス(acthouse)スタッフのKURIです。
アクトハウスでは『IT・英語・ビジネス』の3つのスキルを学びます。

そのため、目標を明確にして、それに向かって1日を大切に行動する必要があります。

その大切なアクトハウスでの1日はどのようなスケジュールになっているのでしょうか?

 

今回は、アクトハウスの1日のスケジュールについて3つの視点(表、円グラフ、写真)からご紹介します。

 

IT留学「アクトハウス」セブ島

アクトハウスでの1日の流れの「平日」と「週末」の例です。日中の講座をこなし、あとは夜に復習や予習の時間をうまく自分で作る…

 

アクトハウス(acthouse)の1日のスケジュール

アクトハウスは、期間の長さや、人数によってスケジュールがすこし異なります。

ここではもっとも一般的なアクトハウスでの1日のスケジュールをご紹介します。

《1日の例》

8:00~8:30 〜教室移動〜
8:30~10:30 英語
10:30~11:00 〜教室移動〜
11:00~12:00 ビジネス
12:00~13:00 〜お昼休み〜
13:00~14:00 デザイン
14:00~16:00 プログラミング
16:00~17:00 オフィス・アワー

 

授業が終わったら自由時間。

課題や宿題ももちろんでるので、留学期間中はとにかく自分を高めるための学習に時間を当てることができます。

なお上記の説明、またのちにご紹介する円グラフは一例です。時期や運営改善の状況により時間割は異なります。

例えば1日「2コマ:ビジネス(またはデザイン)/2コマ:プログラミング/2コマ:英語」といった具合に、ビジネスとデザインは曜日を分けることがあります。

「プログラミングと英語は月〜金の毎日/月火はビジネス、水木金はデザイン」というかたちです。一気に2コマやったほうが効率がいい場合です。

スケジュールの変更よって、授業内容が変更することも短縮することもありませんのでご安心ください。

6ヶ月コースの後半3ヶ月はビジネス実践となり座学はありません。後半3ヶ月のビジネス講座に関しはオフィシャルサイトの「4つの実践」をどうぞ。

 

勉強が終わって放課後の過ごし方

放課後の過ごし方はひとそれぞれ。

◉ジムに行って筋トレ

◉マッサージでリラックス

◉ショッピングをしに、セブの街へ

◉言語交流会や、イベントに参加

◉宿題や予習、復習など

◉部屋でゴロゴロ

◉カラオケ行こうぜー!

 

こちらは、ある生徒の授業終わりです。

ジムで筋トレ → 夕食(自炊) → 宿題 → ギターを引いてストレス発散 → 予習 → 読書 → 就寝

またある生徒は、

買い物 → そのまま外食 → マッサージ店でリラックス → 帰宅 → 宿題 → 自分のブログ執筆 → 就寝

このようにそれぞれが自由に過ごしています。

 

1日のうちに参加者がやること

 

生徒が1日にやることはとてもたくさんあります。

>>通常授業(6時間)+オフィスアワー(1時間)=計7時間の学習

>>課題や宿題、予習や復習(英語、IT、ビジネス)

>>自分自身のやりたいこと(オウンドメディア運営や起業アイデアの吟味)

>>イベントへの参加(言語交流会やプログラミングイベントなどさまざま)

生徒の1日の平均学習時間は10〜12時間。

多い生徒だと1日15時間以上は勉強します。なぜこんなに勉強するかというと、単純にやることが多いから。

なので自然と学習時間、活動時間は増えていくのです。

 

IT留学アクトハウスの1日スケジュールを円グラフにしてみた

つづいて、アクトハウスの1日スケジュールを円グラフにしてみました。

あくまで平均的なスケジュール例です。詳細はお気軽にオフィシャルサイトのお問合せフォームLINE@からどうぞ。スカイプ面談予約もOKです。

 

まずは平日の場合

かなり充実している印象。

もちろん本人のやる気次第でいくらでも成長できます。

 

続いて休日の場合

 

休日の活動例

◎日帰りで弾丸旅行

◎英語の先生とごはん

◎部屋でがっつり勉強

◎言語交流会やイベント参加

◎起業準備、マーケティング(市場調査)

休日だって遊びに勉強に全力投球。充実した休日を送る生徒がほとんどです。

 

1日スケジュールを写真で見てみる。

 

【1・2限目】 英語クラス

語学学校の専用バンが、生徒の住むアクトハウスまで迎えに来てくれます。

Good morning!!✨

ドライバーにも、元気よくあいさつ。もうすでに英語の勉強は始まっていますよ。

毎回、同じベテランドライバーがお出迎えしてくれるので安心ですね。

 

道路の状況にもよりますが、だいたい15分~20分ほどで語学学校に到着。

 

アクトハウスの英語は、もちろんマンツーマン

主な科目は次の通り。

▶︎リスニング・スピーキング

▶︎リーディング・ライティング

▶︎TOEIC・TOEFL・IELTSの試験対策など(オプション)

 

生徒一人一人のレベルに合わせてカリキュラムを組んでくれるので、たとえ初心者でも安心です。

 

マンツーマンなので、生徒の要望や、細かな質問にも、親身になって対応。

 

【3限目】 ビジネスクラス

 

語学学校からアクトハウスに帰ってきたら、11時からはビジネスクラスです。

英語クラスで作った英語脳を、一気にビジネス脳へとギアチェンジ。

 

▶︎事業計画書などの作成や、資金調達の方法

▶︎経営・起業のノウハウ、マーケティングやブランディング

▶︎営業や集客のメソッド、ライティングやSEO、ブログまで

アクトハウスの合言葉は「とにかく実践

単なる座学による講義でななく、手を動かし、頭を使うことで、ビジネスの考え方を体に叩き込んでいく。

お昼休み

 

お昼休みの、生徒の過ごし方は大きく分けて、だいたい2通り。

1、近くにある地元の食堂に行く

2、自分たちで買ってきた材料で自炊する

 

>>1の場合、アクトハウスから徒歩5分くらいの場所に地元人にも人気の食堂があります。とても安くて、美味しい料理が食べられるので、多くのアクトハウス生徒に愛されています。

 

>>2の場合、キッチンに一通りの調理器具は揃っているので、野菜炒めを作ったり、パスタを茹でたりして、それぞれ自炊をすることも。

腹ごしらえをすませた生徒たち。

まだまだこれから。あと4時間!

 

【4限目】 デザインクラス

この世界のすべての製品や広告、建物、あらゆる物体にデザインは必要不可欠です。

さあ、右脳の能力を最大限に引き出して、アートの世界に飛び込んでみましょう。

 

下は、アクトハウスの生徒たちが制作したオウンドメディアです。

現在もデザイン企画から運営までを行い、マネタイズに成功しています。

 

こちらは、現在フィリピンのIT企業で活躍中のアクトハウス卒業生の方。

 

 

【5・6限目】 プログラミング

あとひと踏ん張り。

右脳を休めて、今度は左脳をフル回転。

最後まで自分の頭と思考を鍛え上げます。

▶︎HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語

▶︎Webシステム開発からサイト制作、

▶︎IT案件の流れと顧客へのヒアリング、企画書や見積書の作成

 

プログラミングの基礎知識から、フリーランスとして働く上でのWebプロジェクトの動かし方まで。

単なるIT知識の詰め込みではなく、ビジネスチックな部分まで詳細に講義をしていきます。

 

分からないところは、その場でメンターに質問して即解消。

もちろん日本人メンターだから細かなミュニケーションもバッチリ。

 

【7限目】 オフィスアワー

 

オフィスアワーは、授業での疑問点や分からなかったこと、もっと詳しく知りたいことなどをメンターに質問する時間です。

その日に出た疑問は、その日のうちにすべて解決する

時には、特別講座を開いたり、外部ゲストをお招きしたスペシャルイベントも開催。

 

放課後

やっと終わったー!

今日も1日お疲れ様です。でも生徒にとっては、まだまだやることたくさん。

筋トレしたり、プールで泳いだり、外出したり、宿題や課題をこなしたりと。

 

 

まとめ

いかかでしたか?

少しはイメージが湧いたでしょうか??

もちろん人数や期によって若干の違いがありますが、だいたいこのようなサイクルで1日が回っていきます。

 

👇アクトハウスの様子はInstagramでも公開中👇

 

👇ITも英語もビジネスも丸ごと。これからの時代に必要なスキル全部学べるヨクバリ留学とは?

IT留学「アクトハウス」セブ島

リニューアルしたアクトハウス:2017年4月より、築5年の新しいコンドミニアムに引っ越し、グレードアップしました。海外初…

 

👇起業家にフリーランス、企業へのキャリアアップなど、「自由度」MAXな卒業生の進路実績。

IT留学「アクトハウス」セブ島

ここまでバラエティに富んでいるアクトハウスの卒業後。このページでは卒業後のインタビューはもちろん、留学時の活動やスタート…

 

↓↓↓アクトハウスってどんなとこ?↓↓↓

↓↓↓LINEで質問してみる↓↓↓